ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 059

 最近のカノンからは考えられない言葉だったからだ。
「…私は、正直、女王になれなくてもいいと思ってるんだ…。でも、吟ちゃんは別!ゴメンね、譲れないよ、姉さん」
「な、何を言ってるのよカノン、私は別に…」
 誤魔化そうとするソナタ。
「私は負けないよ。一緒に笑うんだもんね~」
「カノン…」
 ソナタは吟侍を思う妹の強い気持ちを感じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント