ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 094

「あっかんべー、残念でしたー」
 吟侍は下で悔しがるモンスターに舌を出した。
 そう、彼の行動はいつも素早い。
 他の人間が気付く前に察知し、最善の行動を取る。
 だから、いつもみんなの先を行く。
 ソナタが凄いと思っていることの一つだ。
 これで、仲間が何度救われたか解らない。
 吟侍の事はソナタの父、ブルース国王も認めていて、そのため、娘のカノンとの交際も認めている。
 今やセカンド・アースの誰もが認める存在にまでなった吟侍。
 ソナタは知っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント