この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ カノン外伝060

 生きとし生けるものが邪心を持たなければ…  おそらく、全歴史にその存在はなかったはず…  邪な気持ちを持つ者の邪心が寝た子を起こそうとしていた。  全てを崩壊させる力を持つ究極の化物を… 「ねぇ、ママ、あれ何?」 「あれは…な、何かしらね…?」  親子連れが空を見上げる。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ カノン外伝059

 その側体の一核がカノンの心の奥底に封じ込められていたのだ。  しかも、カノンの中にあるのは第十七側体…クアンスティータの最強の本体である第七本体の暴走を防ぐために存在する最強の側体だった。  ろくに力の覚醒もしていないカノンにクアンスティータ・オムニテンポスが目覚めたら、彼女は自分の存在を維持出来なくなる。  それを防ぐための自己防衛本能と言っても良かった。  クアンスティ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ カノン外伝058

 ルフォスやティアグラ等、他の12核の化獣は一つの核が元になっているが、クアンスティータには96もの核が使われているという…  96の内、24がクアンスティータとなっていて、内訳は本体が7つ、側体が17に分けられていた。  側体は本体の暴走を防ぐため、あるいは本体が守りたいと思うものを守るため等に存在し、世界のあちこちに点在する。  7つの本体はもちろん、17の側体もそれぞれまるまる一つ、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ カノン外伝057

 第八の化獣、オリウァンコがセラピアを手に入れる事がクアンスティータの力を手に入れることだと勘違いしたのもそれが原因だった。  クアンスティータの核に義母だと認められたセラピアには彼女の魂を守るために最強の護衛がついていた。  クアンスティータの17番目の側体(そくたい)、クアンスティータ・オムニテンポスだ。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ カノン外伝056

13 胎動…動き出す最大の壁  カノンを夢の中で悩ませていた声、それは女神御セラピアの魂だった。  彼女の中のセラピアが彼女の抱えるもう一つの秘密が表に出るのを防ぐために吟侍を遠ざけようとしていたのだ。  吟侍の中のルフォスが刺激になってしまう…  そう、判断したのだ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ カノン外伝】となります。 12日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 13番目の【読み切り小説】の【テンス・アース】の清書を100ページまで到達させる予定です。

続きを読む

こんばんは10

続きです。 多分、お兄ちゃんと喧嘩したか、その後にやって来たおじいさんに怒られたかしたんだと思いますが、真相は散髪中だったのでわかりませんでしたね。 僕の担当は女性で、丁寧にカットしていただきましたね。 それが終わってから戻ってお風呂に入ってからの更新になります。 という訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんばんは9

続きです。 床屋さんでは何人か待っていたのですが、僕の後ろになったのは3人組の親子でしたね。 お母さんが小さい子2人をあやしながら並んでいましたが、お子様2人がやんちゃ盛りで、しつけるのが大変そうでした。 僕の順番が来て、呼ばれて席に着いてまもなく、小さい方のお子様が突然泣き出していましたね。 続きます。

続きを読む

こんばんは8

続きです。 視力検査では一番小さいやつが見えにくくて、危うく失格になるところでしたね。 5年後の更新前に新しい眼鏡を新調した方が良さそうですね。 5年前より、確実に視力が落ちてますので。 と言う事があってから電車で地元まで戻って今度は床屋さんに行きました。 続きます。

続きを読む

こんばんは7

続きです。 ちょっと駅に降りてからいつもと違う出口を出たので方向感覚がわからなくなりましたが、何とか警察署まで着きました。 結構、人が居ましたね。 それから順番に四桁の番号を2つ入力したりして、免許の更新手数料を払って視力検査して、写真撮って、講義を受けて免許をもらって帰りました。 続きます。

続きを読む

こんばんは6

続きです。 それで残り3ページくらいになってしまったので、明日以降は残りでどこまでの表現が書けるかと言うところですね。 それは今では無く、明日考えましょう。 そんな事がありましたが、その後は、一旦家に帰り、昼ご飯を食べて、そのまま指定された警察署に免許の更新に行きました。 続きます。

続きを読む

こんばんは5

続きです。 後は、上級、特級の講座は、難しい公式で証明されている事を昔話などに例えたりして、主人公の七海(ななみ)がヒロイン?の美音(みのん)に教えていて、簡単な例として、2X+1=5でXを求める場合、リンゴが五つありました。 その内、1つを食べたので残り4つになりました。 それを2人で分けたら1人、いくつでしょうと幼稚園児にもわかるやり方に説明を変えて実音に説明するとしました…

続きを読む

こんばんは4

続きです。 中級はダビングの仕方や自転車の乗り方など、出来なくても生活に支障はないけど、知っていた方が便利な事の講座。 上級、特級は異世界の神話体系や異世界の特定の場所の特定の生物の生態など、知らない人の方が多いという知識の講座となると言う事を書きました。 続きます。

続きを読む

こんばんは3

続きです。 それで、朝のメモと十時の休み時間のメモでは、40番目の【読み切り小説】の【教えてねっ、マイティーチャー】のメモを7ページ目まで書きました。 以前のブログの更新で書いているのであえてまた書く必要も無い事ですが、初級講座は切符の買い方などの誰でもわかる常識。 続きます。

続きを読む

こんばんは2

続きです。 いつもの人には今日、免許の更新に行くと言うことや床屋さんに行く事なども話したので、37番目の【読み切り小説】の【格ゲーオリンピア】は5枚目しか見せられませんでしたね。 主人公の【正勝(まさかつ)】が【ステージファイター】と言う架空の格闘技ゲームの【カルマ】と言うキャラクターを使う【カルマ使い】と呼ばれているという事が書かれている部分のメモですね。 続きます。

続きを読む

こんばんは1

こんばんは。 バイトと免許更新と床屋さんから戻って参りました。 バイトですが、いつも通りですね。 休んだ人がいたので前半は助っ人に行きましたね。 まぁ、いつもの事ですので、あえて書くまでも無いですので書きません。 続きます。

続きを読む