この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース】のメモを45ページ目を目指して取っていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 055

「へへ、違うよ、まめぽんだよ、可愛いでしょ?」 「可愛いかも知れないけど、どこか抜けた面構えよね…」 「そうかな?愛嬌があって良いと思うよ」 「あんた本当にそれ持って行くわけ?」 「うん。そうだよ。吟ちゃんの代わり」 「あのバカの代わりって事に否定はしないけどね…」  ソナタは後ろめたい気持ちになった。  両思いである吟侍とカノンが一緒のチームにはなれず、自分が吟侍と同じチームで参…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 054

17 出発前夜-ソナタとカノン  喧嘩も収まり、ジョージ神父の忠告もすんで、みんな最後の別れを惜しむようにそれぞれ雑談を始めた。  みんな別れが辛いとは言わない。  ただ、たくさん、しゃべっておこうと思っているのだ。 「…にしても、ほんと、趣味の悪いぬいぐるみね…タヌポンだっけ?」  ソナタはカノンが大事そうに抱えている狸のぬいぐるみを見て言った。  別々に行動する事になるカノン…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 053

 荒くれ者のユリシーズ達ですら絵本という形で心の奥底に恐怖が刻み込まれている。  ジョージ神父に言われるまでもなく、クアンスティータに手を出そうという者はいない。  ただ一人、芦柄吟侍を除いては。  言うとバカにされるだけだから、黙っているが、吟侍はクアンスティータに勝ちたいと思っていた。  幼い頃からずっと。  それが、彼を最強の勇者と呼ばれるまでにしていたのだ。  前に踏み出そう…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 052

 ただ、元となる核だけが存在していた。  そして、もし、クアンスティータが誕生していたら今とは違う結果になっていたとされている。  クアンスティータはそれほどの影響力をもっていた。  神御や悪空魔すらその誕生を恐れている化獣…、それがクアンスティータだった。  クアンスティータが誕生すれば、全てが終わるとさえ言われていた。  この世界において最強という言葉はクアンスティータのためだけに…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 051

 正確には吟侍ではない…彼の心臓となった化獣、ルフォスが震えているのだ。  ルフォスはクアンスティータの事を心底、怖がっている。  その恐怖に打ち勝つために勇気を持つ人間に、吟侍に協力しているのだ。  神話の時代、ティアグラと共に最強の化獣として暴れ回ったルフォス。  そのルフォスですら、まだ、誕生すらしていないクアンスティータを恐れている。  神話の時代、ティアグラとルフォスが相打ち…

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1】となります。 11日目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 木曜日の作業で【君のための物語Bコース(ハーレム編)】のメモを60数ページ目まで完了させる予定です。 土曜日は休みでは無いので次の作業は日曜日になりますが、暑中見舞いアニメーションの作業に入らせていただきます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作として30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース(ハーレム編)】のメモを45ページ目まで取ります。 余った時間は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 後は、38番目の【読み切り小説】の【こりっ狐狸(こり)!!】のメモを最後の10枚目まで見せましたね。 狸未来(りみく)の人助けの話と姉、狐永久(ことわ)と合流して人造超怪(じんぞうちょうかい)との決戦のメモなどを見せました。 と言う事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 それについては明日以降、書きますが、また、今日の様に書く時間が取れない可能性もありますね。 いつもの人には【ファーブラ・フィクタIFストーリーΔ】を作ることにしたと言う話と30番目の【読み切り小説】の【君のための物語Bコース(ハーレム編)】のメモを30ページ分作っていて今日45ページ目まで書く予定だというのをまず話しました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 本当は、その後で、【瑞仁】が腕を切断する原因となった心ない選手達と【詠和】が勝負する事になって【瑞仁】の敵討ちを取るシーンのメモを取る予定だったんですよね。 心ない選手達は相変わらず卑怯な手を使おうとするのですが、【瑞仁】の心配を余所に【詠和】は心ない選手達の嫌がらせを逆手に取って、お仕置きするシーンを書こうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 朝の時間も別の人と少し話したのであまりメモは取れませんでしたね。 それでも【ファーブラ・フィクタIFストーリーβ】のメモとして主人公の【内義田 詠和(うちぎだ よみかず)】がヒロインの【澄芳 瑞仁(すみよし みずに)】に「何だったらお前が見るはずだったはずの景色の続き、俺が見せてやろうか?【アバターバトル】のテッペン取ってやるよ」と言いました。 【瑞仁】は「小さいわ…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その2人の知り合いは何回も3000円払って応募しているんですけど一度も採用されないと嘆いていましたね。 と言う様な悩み事相談みたいなのを聞いていたら時間が過ぎてしまいました。 なので、10時の休み時間は折りたたんで財布に入れていたメモ用紙を開いただけでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 一組目は応募の話で、二組目の2人は何か歌を作ってボロ儲けしたいと言うので僕に声を掛けたみたいですが、僕は作詞作曲はやっていませんと言ったのですが、僕にアドバイスを求めて来ましたね。 その2人はやたらアイディアを盗まれる事を気にしていた見たいなので、ネットとかで発表したらそこに日付が出るわけですから、それが最初に作ったという証明になりませんか?と伝えました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 後、休み時間はよく声を掛けられたのであまりメモは取れませんでしたね。 十時の休み時間は2組、3人に声を掛けられて全部話になってしまったので、全くメモを取っていません。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 同僚は出てきたのですが、別の所のヘルプが入り、尻ぬぐいをする羽目になりましたね。 仕事なんだから自分達の担当の所は自分たちで何とかして欲しい所ですね。 相変わらず自分のミスを棚に上げて文句を言うお馬鹿さんも居ましたしね。 と言う訳でちょっとイライラしたバイトでした。 続きます。

続きを読む