この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)015

 が、それを器用に避ける。  彼女がくぐってきた死線はこの程度のことなど、当たり前の様に避けられる程スキルアップさせていたのだ。 「へぇ……やるねぇ」 「たった一人で私に挑んだ勇気だけは褒めてあげる。でも、力不足よ」 「じゃあ、こんなのはどうだ?」  不敵に笑うジャンクックが出したのは年端もいかぬ少女だった。 「助けて……お姉ちゃん……」 「何の真似?」 「くくくくく……あんたが…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)014

「愚問だな。俺はエサを仲間と呼ぶ習慣はねぇな。とうぜん、あんたの事もな」 「情けをかけるような相手じゃないって事ね。良いわ。相手になってあげる。かかってらっしゃい」 「言われなくてもそのつもりさ、いくぜ、美味しそうな晩飯ちゃん」  言うが早いかジャンクックは巨大化させた顎で食らいつこうとする。  仲間を食べ尽くしたのはこの攻撃だというのは容易に想像がついた。 「その程度じゃ、私は倒せな…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)013

 だが、この9級使愚魔のジャンクックには特殊の能力があった。  他の使愚魔を喰らう事によって力と能力を増すという能力が。  ジャンクックはキャリアを待つまでに仲間の使愚魔達を食らいつくし、強大なパワーと能力を得ていた。 「よぉ、お嬢ちゃん。俺はジャンクック。あんたを喰らって0級使愚魔にしてもらう男さ」  ジャンクックは挨拶する。  これから食べようと思っている相手に挨拶するのも変な話だ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)012

 その辺りが地球圏とファーブラ・フィクタ星系での考え方の違いだ。  その為、聖なる者で言えば、天上使と対等の立場にある使愚魔もそれなりに力を持った魔である。  天上使が特権階級の0級から12級までのランク付けがされているように、使愚魔も特権階級の0級から12級までのランク付けがされている。  キャリアを待っていたのは9級使愚魔だ。  ランク的には下から数えた方が早い。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)011

第一章 VS使愚魔  キャリアは魔の森に来ていた。  そこには刺客となる使愚魔が待っていた。  使愚魔――悪空魔の配下。  地球圏で考えれば、使愚魔は、使い魔にあたる。  一般的には、地球圏では天使の敵対者は悪魔であり、使い魔はそれより劣るものとして見られる。  神と対等なのは邪神として考えられる。  だが、このファーブラ・フィクタ星系では地球圏で言えば天使である天上使と対…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)】となります。 3日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、制作をします。 3日連続制作の3日目になります。 15番目の【読み切り小説】の【リトル・サン―小さな万能神―】の清書を100ページ目まで到達させます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土日はお休みですが、土曜日は所用がありますので制作はお休みします。 日曜日は水曜日と交代したので、番組を見ます。 土日の早朝の作業で、【…

続きを読む

こんにちは14

続きです。 まだ、書きたい事はあるんですけど、とりあえずはこんな感じで良いかなと思います。 これで、【HINPU(ヒンプ/貧富)】のメモは7枚になったので明日からは【フロム・ホワッツ?~何、これ?】のメモになります。 と言う事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 そして、【レイチェル】は着の身着のままで【トム】の元に向かいます。 「私を地球に連れて行って」と言う彼女の言葉に【トム】は、「覚悟は出来たみたいだな。ならば、手を貸そう。約束だ。僕は君の手となり足となる。君は目だ。その綺麗な瞳で、これから始まる楽しいイベントを楽しんで見てみると良いよ」と笑いかけます。 と言う所でノルマの7枚目になりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 「逃げれば良いよ」「無理よ。あいつらは地の果てまでだって追ってくるもの……」「だったら宇宙の果てまで逃げればよい。知ってるかい?地球って惑星があるんだってさ」 このシーンで実は舞台が【地球】では無いことがわかります。 「地球っておとぎ話じゃないの。そんなの夢物語よ」「夢だから叶えるのさ、確かめるのさ。それが真実か否かをね」と言う言葉を【レイチェル】は思い出します。 …

続きを読む

こんにちは11

続きです。 その事がきっかけで【レイチェル】は【トム】の元を頻繁に訪れる様になります。 【レイチェル】と【トム】の仲が良くなって行く最中、初老の王子との婚約の時期が迫って来ます。 その時、【レイチェル】は【トム】との会話を思い出します。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 大泣きする【レイチェル】に対して【トム】は「ごめん、言い過ぎたよ。じゃあ、勇気の出るおまじないを掛けてあげるよ」と言って、草笛を吹いて見せます。 そして、「何でも水を与えすぎると野菜も腐ってしまうんだよ。適度に不便な方が美味しくなるんだよ。だから、何か枷を作ると良い。それで不便だなと思ったら、それを解決する方法を考えて見るんだ。それが不幸から脱却する第一歩さ。君に本当の勇…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【レイチェル】は「私の事、何も知らないくせに。私と逃げる勇気も無いくせに」と突然、訳のわからない事を言います。 本能的に自分を救い出してくれる王子様を求めていたのです。 それに対して、【トム】は「君自身の事なのにまるで人事だね?そうだね。僕がいくらやっても覚悟もやる気も無い君となら出来るものも出来ないと思うよ。君は何でも人に依存し過ぎだね?君は何でも与えられたかも知…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【レイチェル】が「歌とダンスが出来なくたって」と言うと、【トム】は「歌もダンスも駄目なら、地面に絵でも描くさ。それで、また、君の言う施しを受ける事が出来る。な、お金を作れたろ?」と笑ってみせます。 【レイチェル】が「つまらないわ」と言いますが、「つまらなかったら、自分で面白い事を考えれば良いよ。君はそんな事も出来ないのかい?」と言います。 口ではどうやっても【トム】…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そして、その帽子をじゃらつかせて、「ほらねっ」と言ってウインクをしてみせました。 【レイチェル】は悔しくなり、「な、何を、そんな恵んでもらっただけで……」と言いますが、【トム】は「違うさ。これはチップ。正統な報酬さ」と答えました。 【レイチェル】は「う、歌とダンスなら私だって」と言いますが、恥ずかしさもあって出来ませんでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ですが、【トム】は、「金は無いけど、夢がある。だから楽しいよ」と答えます。 【レイチェル】は、「お金が無いと何も買えないわ」と言います。 【トム】は「そうだね。でもお金は産み出せる」と言って、被っていた汚い帽子を逆さまにして地面に置いて、歌と素敵なダンスを踊って見せました。 すると、町民達から、「ブラボー。良かったよ」などと言われ、帽子の中におひねりがたくさん…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 そして、その平民達の中でひときわ楽しそうにしているのが主人公の【トム・ヒンプ】でした。 そんな印象に残った【トム】と【レイチェル】はひょんな事から再会します。 【レイチェル】は嫌味を込めて、「あなた達、お金も無さそうなのに楽しそうね」と言います。 他の平民達はムッとします。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【HINPU(ヒンプ/貧富)】のメモはヒロインの【レイチェル・ヒンプ・スチュアート】が両親と共に、楽しそうにしている平民達を見て、両親は【下民風情が】と蔑んだ言葉を発するのですが、彼女は違和感を持ちました。 まるで、両親はお金も無さそうな平民達に嫉妬している様に写ったからです。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 朝と十時の休み時間で43番目の【読み切り小説】の【HINPU(ヒンプ/貧富)】のメモを7枚目の頭まで書けたので、残りを帰ってから少し書きました。 なので、明日からは44番目の【読み切り小説】の【フロム・ホワッツ?~何、これ?】の下準備から始める事になると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 田村正和さんの訃報は残念でした。 【古畑任三郎】も見てましたからね。 もう、見れないかと思うと残念です。 それと帰ってからネットをチェックしたら、【ベルセルク】の作者の【三浦建太郎さん】が亡くなったと言うのをみてショックを受けました。 【ベルセルク】未完で終わってしまうのかとも思いました。 出来れば、コミックスになっていない部分もコミックス化して欲…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 新垣結衣さんと星野源さん、ご結婚おめでとうございます。 僕も【逃げ恥】を見ていたので、リアルな結婚となってとてもおめでたいと思います。 みくりさんと平匡さんの様な夫婦になれると良いですね。 兄はちょっとガッキーロスっぽいですが、僕は祝福したいと思います。 続きます。

続きを読む