ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第002話(プレイバック)060

 虚しさだけが残るのではないか。
 それは何となく解っている。
 それが自分の弱さだという事も。
 解ってはいるが、深神と頂魔の企みを見抜けなかった自分の弱さが許せなかった。
 何か行動しなくてはならない。
 その衝動だけには逆らえなかった。
 行動するとしたら、彼には、クアンスティータを最強の形で産み出す――それしか無かったのだ。
 強さとは何だ?
 Fも解っている。
 本当に強い者は自分の力を誇示したりしない。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント