ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第004話(プレイバック)080

 キャリア達は幽界に身体をなじませつつあった。
 そうしなければ、生きていけず、異物として、狙われる立場が続く事になるのだ。
 否が応でもそうしなければならなかった。
 成長するにしてもそれには限度というものがある。
 成長し続けるにしても成長のスピードというものはどうしても限られるからだ。
 だが、自らの成長で幽界の反発を買う事よりも、より、幽界に適した身体になることで、幽界の反発というものをかなり抑えた形になった。

続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント