この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)010

 しばらく微調整があったが、やがて視界が晴れてくる。  ここは、もう、幽界ではない。  ではどこだ?  キャリアが早速、オレンジの光体でたどり着いた宇宙世界を探る。 「う、うーん……さっきまで居た幽界と作りが似ているような気がする――戻ってしまったのかしら……いえ、違うわね……幽界とはまた違った【死】のイメージがある……という事は恐らくは冥界かしら?」  キャリアが冥界と予想する。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)009

 キャリアは、 「わからないけど、先の縁も魔の気配がするから、恐らくは魔界か冥界のどちらかだと思うわ……後は行ってみないと……」  と答えた。 「ですかね、やっぱり……では道案内頼みますよ。私は運転に集中しますので」 「わかったわ。あ、そっち右手の方向に30度くらいかな」 「了解です」 「ちょっとずれた、左手の方向に1度、上方向に2度お願い」 「わかりました」 「ちょっと待って……

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)008

 超光速で動いていたので怪妖達の邪魔も入らなかった。  今までの移動時間を考えたらあっという間に幽界の表層階層まで戻ってこれた。  表層階層までこれたので、後はどの宇宙世界に出るかが問題となる。  ピリオドは、 「キャリアさん。この先はどこへ続いているんでしょうかね?」  とキャリアに尋ねた。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)007

 ここまでされたからには、ピリオドとしては多少は答えねばならない。  ピリオドも自分の生い立ちについて少し話した。  もちろん、全てではない。  だが、キャリア達に答えるだけの答えは用意したつもりだった。  どこまでを信用してどこからを疑うか――  それはお互い、追々、見極めて行くとして、とりあえず行動を共にするという事で意見を一致させたのだ。  ピリオドが【古都百合】の娘、【古都薔…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)006

 ピリオドの話を少し聞いてしまったこと。  自分達はクアンスティータという途轍もなさ過ぎると言ってもまだ足りないような化獣(ばけもの)から逃げてこの幽界に来ていた事。  自分達が幽界から歓迎されていないという事。  自分達が置かれている状況などを出来るだけ話した。  ピリオドの方は少々面食らっていた。  まさか、ここまで正直に言われるとは思っていなかったのだ。  怪しい態度を取ってき…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第006話(プレイバック)】となります。 2日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は、制作として毎日更新のストックを作ります。 金曜日の夕方にコロナワクチン接種の二回目を行いますので、その後の三連休の作業はあまり進まないと思っています。 二回目ですから熱とか出るかも知れませんからね。 と言う様な感じで少し制作ペースが落ちると思います。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 と言う訳で、明日か明後日か月曜日のいずれかから61番目の【読み切り小説】の【現世と侍】のメモを再開させる予定ですが、ブログでの報告も大して書けない様な少しずつの作業にする予定ですのでご了承ください。 と言う事を書いた所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 何にしても今はちょっと作りすぎているという感じですので、せめて、いつもの人に見せるメモが無くなりかけるまでは作業をストップさせた方が良いかな?と思っています。 なので、61番目から70番目の【読み切り小説】の紙のメモは非情にゆっくりと取ろうかな?と思っています。 亀の様な歩みで書いていこうかなと考えて居ますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 そんな訳で思いつくままに、どんどん新しい【読み切り小説】のアイディアをメモして行ってしまうと、前の方に考えたものの熱が冷めてしまうと考える様になりました。 だから、どこかでメモ作業を止めようかな?とも思っているのですが、いつもの人に見せるメモのストックが無くなったらどうしようか?と言うのもありますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 それで、ずいぶん経ってから、メモを読み返して作業を再開して作ったのですが、正直、熱の入れ方が、考えた当時の3割程度の熱量で作って居る感じがするんですよね。 と言いますのも【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】を考えた後、18番目から、現在は70番目の【読み切り小説】(ただし、61番目から70番目はイメージストーリーのみ)まで考えているので、前に作った物を作るためのエネルギー…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それと朝と十時の休み時間ですが、メモはお休みさせていただきました。 他の事をやっていました。 それと言うのも制作に関係しているんですよね。 昨日の作業で17番目の【読み切り小説】の【テンプルム・ベルルム(聖域戦争)】が完成したのですが、これ考えたのって1年以上前なんですよね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には今日から5ページ小説を見てもらっています。 さすがに一回で5ページ分という訳にはいきませんでしたが、上手くすれば二日で5ページ分見せる事が出来るかも知れませんね。 と言う事は10セットだから、20日あれば全部見せれる計算になりますね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 また尻ぬぐいです。 今週は三日続けて全部ですね。 自分達だけで回せないならバイト失格じゃないかと思うんですけどね。 助けてもらうのが当たり前になっているのは良く無い事だと思っています。 金曜日も尻ぬぐいほぼ確定ですから明日も尻ぬぐいなら今週は全部、尻ぬぐいという事になりますね。 先週もそうでしたが、全然ダメです…

続きを読む