追伸。

追伸。 幻冬舎さんから電話がありまして、昨日のメールだけでなく、電話でも入金の確認をいたしましたと連絡をいただきました。 後、僕の小説の編集担当が、今から2週間から3週間後に決まるので、それまでお待ちくださいという事もお聞きしました。 と言うのを追加情報としてお伝えします。 では改めましてお休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)040

 基本的にはレベルアップでは無く、能力変更である【再構成の母体】による新たな力――それを如何に効率良く力をアップさせるかを彼女達は考えた。  そして、出した結論は、【唯一文】と【唯一文】、【無二文】と【無二文】を混ぜ合わせて、更なる変化をさせるという事だった。  つまり、例えば【唯一文】を二回使用するマジックポイントを支払って、混ぜ合わせた【唯一文】を放ち、更なる状態変化を期待するというもの…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)039

 また、衣装に隠れて解らなかったが、実は【如真】達の足は手の様な作りになっていた。  地面を踏む必要が無いので手の様に進化したと言う事だろうか?  つまり、【如真】は腕が四本生えているようなものだろう。  対するキャリアチームもこのよくわからない存在に圧倒されている場合じゃない。  古都百合の力により、リメイクした新たな力を披露するには相手として不足無し。  キャリア達は正面突破でフラ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)038

 いくつか異なるが、簡単に言えば豪奢な作りになっていると言えば表現として的確だろうか?  それと、先ほどの【腰支】が腰の横から2本出ているのが一般兵なのに対して、正四面体 、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の【如真】にはお尻の上からも【腰支】が延びているので、3方向となっているなどの違いがあるだろう。  【腰支】による動きは思ったよりも速い。  普通の足よりも早く動けるのではない…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)037

 その天に向かっている突起物の先には武器がついていて、それを武器に【如真】は戦うのだ。  【腰支】以外の仏像との違いはまとっている衣装も挙げられるだろう。  男性型の【如真】は、中華服と袈裟を混ぜた様な衣装で、先ほどの【腰支】により、足下は衣装だけは地面についている。  女性型の【如真】は、十二単と巫女の衣装を混ぜ合わせた様な衣装で、こちらも先ほどの【腰支】により、足下は衣装だけは地面につ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)036

 【如真】と仏像の大きな違いは【腰支(ようし)】と呼ばれている部位がついているかついていないかの違いがまず挙げられる。  【腰支】とは腰の横から地面に向けてまっすぐ延びている突起物の様な物を指す。  【腰支】は足の長さよりも長いので、【如真】は足では無く【腰支】に体を支えられているという事になる。  【腰支】によって宙ぶらりんになっていると言える。  ある意味ブランコに乗っている様な状態…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 8日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 今日も頑張って見ていない番組の数を減らそうと思います。 明日と明後日の予定も同様です。 金曜日は【よったろー屋本舗】の更新だけして、残りは番組を見ます。 制作再開は土曜日の予定で、イラスト作業をします。 以上ですね。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 そのトラップに【フリーズ】がはまって逮捕される所までを描くエピソードになりますね。 と言う所まで書いたところで19枚目の後半に達しました。 明日は残り1枚ちょっとをどう書くか?と言う所ですね。 もう、ほとんど終わりだから一日くらいメモを取るのを休んで見るのも手かも知れませんね。 まぁ、やってから休むかどうかは明日判断します。 と言う事でしたがただい…

続きを読む

こんにちは12

続きです。 そのまま、【フリーズ】が試験を受けますが、その時の不正を逐一、撮影して証拠を記録します。 容疑が固まった所で、合格したと思った【フリーズ】と【試験官】を逮捕するという筋書きです。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【フリーズ】の方は、その【試験官】の口座に指定された金額を振り込んで起きます。 ほとぼりが冷めた頃、【フリーズ】がその【試験官】にその事実を伝えれば、完璧なアリバイが成立すると言う形のものです。 それならばと、【ファジュルエナ】はその不正を働く【試験官】を割り出し、その事を【魔導警察】に報告します。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 その上で、【試験官】が【試験】のトップの成績の者の成績と【フリーズ】の成績を入れ替えます。 その後で、【試験官】は、すぐに仮眠を取り、自身の記憶から、消したい記憶である【フリーズ】との契約と不正をした事実の部分の記憶を消去します。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ワンナイトプロミス】とは、自覚無き犯行を行わせるのに便利なアイテムで、そのアイテムを使用した対象者は寝てしまうとその約束を綺麗さっぱり忘れてしまうのです。 つまり、【フリーズ】と不正を働いた【試験官】が契約し、【試験官】はそのまま寝ずに居ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【ルイーザ】は「そんなハズはない。試験官の身体検査は済んでいる。不正を働くはずが無い。どういう事なの?」と言いました。 【ファジュルエナ】は、「そりゃ、不正を働いた試験官が覚えてないからだよ。【フリーズ】ってやからは【ワンナイトプロミス】って言うアイテムを使ったんだよ」と言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そこで、【ルイーザ】は【ファジュルエナ】に試験官をしてもらい、その不正を暴いて欲しいと思っているのです。 それを聞いた【ファジュルエナ】は、「あぁ、なるほどね。簡単な話だよ。試験官の中にその【フリーズ】とやらと契約をしている者がいるんだ」と言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 それは、【フリーズ】と同じ試験を受けている【受験者】でずっとトップを走ってきた【受験者】が【フリーズ】と一緒に試験を受ける時に限って、調子が出ずに、平凡な成績に終わってしまうのです。 その代わりに【フリーズ】がトップの成績で合格するというのが続いていたのです。 このことから単純に考えて、【フリーズ】が何らかの不正をしているのでは無いかと言う推測が立つのですが、証拠が…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 もう1つ、【ルイーザ】は違反行為をしていると思われる【新人魔導士】の不正を暴いて欲しいと願います。 その【新人魔導士】の名前は【フリーズ】と言い、他の【魔導士試験】をトップで通過している期待の新人です。 ですが、その試験では奇妙な事が常にあるのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 内容としては、主人公の【ファジュルエナ】がエルフで【魔導士協会理事】の【ルイーザ】に頼まれて【新人魔導士試験】の【試験官】になって欲しいと頼まれて居ました。 この試験では【ファジュルエナ】の魔法特許の試験が採用されているため、【ファジュルエナ】が試験官として協力する事になりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間ですが、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモを19枚目の後半くらいまで書きました。 一応、書いていたエピソードが終わるまで書きましたが、残り1枚ちょっとだと大した事書けないですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ついでですから、助っ人に行った先でも4人ほどその事を伝えましたね。 中には幻冬舎さんをご存じない方も居ましたね。 話してもピンと来て無かった様な印象でしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日は最初から別の場所への助っ人だったので、朝礼がいつもの人とは別々になってしまって紙のメモは見せられませんでした。 なので、通りすがりに昨日、幻冬舎さんの所に振り込んだ事だけ伝えました。 同僚も同様に別々の仕事になってしまったので、通りすがりに報告だけしましたね。 と言う一日でしたね。 続きます。

続きを読む