ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)030

 唯一、例外があるとすれば、光の属性要素と闇の属性要素となる。
 光に属する存在は光の属性要素で、闇に属する存在は闇の属性要素である程度ならば治す事は出来るがやはり限界はある。
 あまりにも大きすぎるその六つの属性原素でのダメージまでには対応していない。
 その六つの属性は現界では実在化が本来、されていないので仮の言葉で表現されている。
 それは、【変】、【幻】、【外】、【他】、【奇】、【妙】の六つの言葉で表記されている。
 もちろん、これらはその属性を的確に示した言葉ではないが、他に言葉として存在していないので、やむを得ずこれを使っているという形だった。
 この六つの属性は惑星ファーブラ・フィクタでは六大特殊属性原素(ろくだいとくしゅぞくせいげんそ)と呼ばれている。
 惑星ファーブラ・フィクタには七大属性原素と六大特殊属性原素を足した十三の属性原素が存在している。
 それの説明まではしていなかった。

続く。
posted by よったろー at 07:24Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント