ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第002話(プレイバック)003

 タティーの周りには変な奴らでいっぱいである。
 将来、結婚して、偽クアンスティータという役職を退こうと思っている彼女にとっては受難が続くと言えるだろう。
 タティーが運命の赤い糸に導かれた素敵な男性と巡り会える日は来るのであろうか?
 それは今のところ全くわからない。
 全く兆候が見えていない。
 お先真っ暗なお仕事のイメージしかない。
 彼女は悲しむ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント