この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)040

 【クインスティータ】は、 「とりあえず、ドスケベ4人衆はお尻百叩きで釈放でよろしいわね?」  と聞いてきた。  忘れてた。  自分のお風呂を覗いて来た懲りない4人組がいたのだった。  タティーは、 「……はぁ……」  と嘆息して、 「じゃあ、四人に会います。何故、こんなことを繰り返すのか?直接お聞きします」  と言った。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)039

 【クインスティータ】は、 「確か、明日は暇で、その後、一週間ほどの仕事が入っていますけど、その後の予定は決まっていないはずですわ」  と言ったので、明日、その二人と面談することにした。  最大神殿を回るのは早くとも9日後以降という事になりそうだった。  とりあえず、今日のところは問題外の二件の案件をかたづけて……と、思って居たら、

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)038

 【クインスティータ】は気にするでも無く当然として受け止め、 「そうですわね。名前は、【ヴェルト・ハウプトシュタット】と【リセンシア・アジュダンテ】ですわ。まぁ、簡単に説明しますと体力バカと理屈バカですわね」  と答えた。  要するに力自慢と頭が良いタイプの二人だと言いたいのだろう。  【クインスティータ】の評価はあてにならない。  とにかく、その【ヴェルト】と【リセンシア】に会ってみ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)037

 【クインスティータ】は、 「そうですわねぇ……約二名ほど心あたりはありますが、誘ってみようかしら……」  と言った。  どうやら心あたりがあったようだ。  タティーは 「では、早速、その二人を紹介していただけますか?お名前はなんておっしゃるんですか?」  とへりくだって質問した。  怖くて【クインスティータ】には強気で話せないからだ。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)036

 だけど、このままではタティーが【クインスティータ】に駄目だしされるだけだ。  なんとしても【クインスティータ】を引き受けてくれそうな強靱な精神の持ち主がいればと思って聞いて見たのだ。  【クインスティータ】自身が選んだ存在であれば彼女もそうそう文句は出ないのではないかと考えたのだ。  署長なのに、特殊警察署で一番偉いはずなのに、署員でもない【クインスティータ】になぜ、これほど気を遣わない…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン編第001話(プレイバック)】となります。 8回目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 ただ、その前に、ホームページを更新したいと思います。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】の再チェック修正をします。 明後日の予定はお休みですので【ユメミテ ゆめみめ2】の再チェック修正をしたいと思います。 明明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、【彼と彼女の…

続きを読む

こんにちは16

続きです。 その後で【よりか】達のほんわかシーンで完結という事になります。 これが【ユメミテ ゆめみめ3】になりますね。 と言う所まで書いたところでただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは15

続きです。 違和感ありまくりの三人が、話をしているシーンになります。 会話では【一般人】の【想像力】を使って【野球想(やきゅうそう)】と言う【ゲーム】をしていました。 【野球想】とは【野球】に見立てて、【一般人】の考えた【キャラクター】を【攻撃側】、【世界観/ミッション指示】を【守備側】として遊ぶ、【はなまる】が考えた遊びです。 これは【夢見女】としての力を大きく逸脱した…

続きを読む

こんにちは14

続きです。 それから、【三強】の登場シーンになり、【ファミレス】で【三強】の三人が話しているシーンになります。 【午後12時の夢見女/超絶モンスター/百澤(ももさわ) はなまる】は見た目は【大食いのヲタク女子】です。 ただ、どことなく、【レディース】でもやっていたのでは無いかと言う迫力がある【キャラクター】となります。 【午前0時の夢見女/儚げなヒロイン/中森 ユーフェミ…

続きを読む

こんにちは13

続きです。 【よりか】達は【アレクシア】とうち解けるが【アレクシア】は圧倒的な力を持つにも関わらず、【劣等感】を持っている事を告白します。 【アレクシア】は自分の双子の妹に対して強い劣等感を持っていて、その妹こそ、【三強】の1人、【儚げなヒロイン/中森(なかもり) ユーフェミア】だと言うことが解ります。 続きます。

続きを読む

こんにちは12

続きです。 【ひなも】は【シェイクリーチャー】と言う【七つの源素】を混ぜる事に寄ってオリジナル【クリーチャー】を生み出すと言う【世界観】、【アレクシア】は【土産物】を題材とした【世界観】を使って長時間に及ぶ死闘を演じます。 更に、【よりか】と【アレクシア】はお互いの【世界観】の中に自身を投影した【キャラクター】を投入してその【世界観】のミッションをクリアした数を競う勝負で、【よりか】…

続きを読む

こんにちは11

続きです。 ですが、その3つの勝負、全てに圧勝します。 さらに、【ほのか】達3人が取っておきの【世界観】で戦ったのに対して、【アレクシア】は、たった今、【即興】で【世界観】を考えて戦っていた事がわかります。 結果として、【ほのか】達がショックを受けます。 続けて、【アレクシア】は【よりか】と【サポートメンバー】の【ひまり】とも戦う事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 【アレクシア】対【ほのか】の【サポートメンバー】の【ひまり】の対決は【スポーツリバーシビンゴ】と言う特殊ルールのスポーツ25種目を使った勝負、 【アレクシア】対【ほのか】の【サポートメンバー】の【ゆか】の対決は【迷宮脱出勝負】と言う、迷宮を作ると言う勝負、 【アレクシア】対【ほのか】の対決は【怪談怖がらせ対決】と言う相手の【キャラクター】を怖がらせた数を競う勝負が同…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【しゅんか】は【駅停群雄割拠(えきていぐんゆうかっきょ)】と言う【駅】や【停留所】を具現化した【世界観】、【めぐみ】は【ボカロウォー】と言う【ボーカロイド】を題材にした【世界観】を使ってつぶし合いをしますが、なかなか決着は付きません。 問題はこっちの戦いではなく、【ほのか】対【アレクシア】の戦いになります。 何と、【アレクシア】は【ほのか】とその【サポートメンバー】…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 それで、【午前8時】対【午後1時】、【午前2時】対【13時】の【夢見女】同士の【子城戦】が行われる事になり、【子城】の中の【フェイバリット・ワールド・ビュー】と呼ばれる【代表の世界観】同士のつぶし合いを行う事になります。 まずは、【午前8時/しゅんか】対【午後1時/めぐみ】の戦いとして、【簡易陣取り合戦】と言う戦いが行われます。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そこで、午後一時を迎え、【四強】の一角、【アレクシア】がもう1人の【夢見女】と共に参戦します。 他の【夢見女】達は次のターンの【テーマパークイベント】に集中する中、【午前2時の夢見女】の【ほのか】が【アレクシア】に喧嘩を売ります。 【ほのか】は深夜の【夢見女】なので、昼間の【夢見女】より格下と思われるのが不満だったからです。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 それで正午から1時までの一時間の集計で活躍したのが【ひなも】です。 【ひなも】は、【友人・恋人仲人】、【勝負服職人】、【シチュエーション・ラブリー】、【運命の赤い何?】、【ロイヤルドールウォー】、【鏡よ化神(かがみよかがみ)】、【桃源都(とうげんみやこ)】と言う7つの【世界観】から3つを選択して【テーマパーク】の【アトラクション】15種類を考え、見事1位を取ります。 …

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【ライフポイント1ポイント】を貰えると、【子城】の【世界観/物語】は1城あたり最大【24種類まで】と決まっているのですが、【10種類】増やして、【34種類】にする事が出来ます。 集計が2位と3位も得点が付き、それぞれ【5種類】と【3種類】の【最大世界観数】を増やす事が出来ます。 これは、対【四強】を考えると他の【夢見女】達にとってはありがたい事でした。 続きま…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 続いて、正午を迎え、【夢見女】2人が参戦すると共に、【おじさま】から【サービスイベント】の話が来ます。 それは、【世界観】を元にした【テーマパーク】を作り、【おじさま】が用意した【一般キャラクター】をより多く集客した【テーマパーク】を作った【夢見女】または【サポートメンバー】に【ライフポイント1ポイント】を毎時間の集計作業で進呈すると言うものでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 泣いている【よりか】を励ます女の子がいます。 それが【四強】の1人、【才媛/中森(なかもり) アレクシア】になります。 【アレクシア】は【としひこ】の事が好きだったのですが、【よりか】をかばってくれました。 と言う思い出のシーンを【サポートメンバー】の【ひなも】に話すシーンに変わります。 そこから物語が始まります。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 と言う訳で挨拶としては書くことが無いのですが、代わりとして、昨日の作業で【ユメミテ ゆめみめ2】の文字入力も終わって、【ユメミテ ゆめみめ3】のプロットじゃないですが、作業の骨組みに近い所までは考えているのでそれを少し書きましょうかね。 内容としては以下の様になると思います。 まずは、子供の頃の思い出として、主人公の【よりか】が【剣咲 としひこ】にファッションセンス…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトでした。 11月の土曜日のお休みは13日しかありませんので今月はあまり制作も進みそうもないですね。 今日は休憩場所から遠い所での仕事になってしまったので、10時の休憩時間にメモは取れませんでしたね。 後、今日は帰りにプライベート用の年賀状を買って来ましたね。 なので少し帰宅が遅くなりました。 続きます。

続きを読む