この後の予定

この後の予定ですが、制作をしたいので余計な更新はせずに次が更新のラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)045

 来るんじゃ無かったと後悔していた。  だが、来てしまった以上、向き合うしかない。 「ど、どうして、そういう事を……」(タティー) 「そこに【お尻】があるから」(【プライス】) 「そこに【おっぱい】があるから」(【スコント】) 「そこに【くびれ】があるからであります」(【ベネフィス】) 「そこに【御御足】があるから」(【クリエント】)  その言葉を聞いた時、タティーはめまいがした。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)044

 タティーは、 「こほん……」  と咳払いをして、囚人達の名前を呼び上げる。 「えーと……【プライス・フィー】さん」(タティー) 「おしり大好きです」(【プライス】) 「う……それは……えと……【スコント・プレッツォ】さん」(タティー) 「おっぱい大好きです」(【スコント】) 「え……、えぇと、【ベネフィス・フォルテュヌ】さん」(タティー) 「自分はくびれに青春を注いでおりますで…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)043

 彼女の美しいプロポーションに見とれた男四人が発した言葉だ。  この四人こそがドスケベ四人衆――タティーのお風呂を覗いた罪人達だった。  タティーが直接会うのはこれが初めて。  今までは気持ち悪いと思ってお仕置きは他の署員に任せていたのだ。  だが、その行為を止めようとしないので、何故繰り返すのか聞いて見ようという事にしたのだ。  自分達の女神様のご登場に興奮する男子四人。  よく観…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)042

05 懲りない四人組  タティーは【クインスティータ】と共に、留置所を訪れた。  ここに収監されている四人組に会うためだ。  四人の罪状はタティーに対する覗き行為だ。  人間の世界では大問題だが、惑星ファーブラ・フィクタの案件から見れば言うのが恥ずかしくなるくらいのみっともない事件だった。  タティーは、留置所の前に立つ。  すると、 「「「「おぉぉっ……」」」」  と声…

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン編第001話(プレイバック)】となります。 9回目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 制作の続きは、来週の火曜日……と言いたい所ですが、来週の火曜日はメタボの薬と健康診断の結果を聞きに病院に行く予定です。 なので来週の木曜日から、20番目の【読み切り小説】の【僕と私の秘密旅】の清書と【ユメミテ ゆめみめ3】の文字入力を開始する予定です。 来週は土曜日も休みですから、その時も頑張りたいと思いますが、どこかで年賀状も作らないと行けないですからね。 …

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 余った時間は番組を見ますが、2作分のチェック修正をするのであまり見れないと思います。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として【ユメミテ ゆめみめ2】の再々チェック修正をする予定です。 金土曜日は午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日は一日番組を見る予定に切り替えます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】の再チェック修正をします。 明日はお休みですので、制作をします。 予定では、【ユメミテ ゆめみめ2】の再チェック修正をする予定でしたが、ちょっと予定を変更して、日曜日の分の作業時間も足して、この日に【彼と彼女の一人旅】の再々チェック修正もします。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 ただ、あんまり本気で作りすぎると、読者さんに引かれてしまう可能性があるので、これくらいなら大丈夫かな?許容して貰えるかな?と言うのを模索しながら、1段ずつレベルを上げて作って行こうと思っています。 そんな感じですが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 そんなつまらない事を気にするよりも【ユメミテ ゆめみめ】の事ですね。 【1】より【2】、【2】より【3】の方が面白くなる様に作って行っていますからね。 【3】はまだ完成して居ませんが、【2】は自分では【1】より面白くなったと自負していますね。 普通は続編とか作ると中だるみする物ですけど、僕の場合はギアを上げていますからね。 【3】は【2】より面白くする予…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 僕は事故は起こしませんでしたが、その自転車の男はいつか他の人と事故を起こすのではないかと思いましたね。 因果応報です。 傍若無人にふりまって居ればいつか自分に返ってくると思って、気持ちを落ち着けましたね。 あんなくだらなさそうな男の事でいつまでもイライラしているのは時間の無駄ですからね。 そんな事より、建設的な事を考えるのに自分の時間を使いたいですね。 …

続きを読む

こんにちは3

続きます。 僕は歩きだったので追いつけないと思って諦めました。 皆さんも自転車での交通マナーは気をつけましょうね。 自転車は凶器です。 自動車と一緒です。 歩行者と事故を起こせば捕まりますからね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 一瞬、僕が悪いのかな?って思って謝ろうと思いましたが、その次の瞬間、状況を理解して怒りが沸きました。 【気を付けるのはお前だろ、ここ、歩道だぞ】と言いたかったのですが、振り向いた時、自転車の男は遠くに走り去って行きました。 と言う訳で悔しい思いをしましたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日も休憩場所から遠い場所での作業でしたので、十時の休み時間にメモは取れませんでしたね。 うぉい、メモを取らせてくれぇと言う感じでしたね。 後は、バイト帰りにぐるぐる回りながら帰宅したのですが、飲み物を買おうとポケットの財布に目をやった一瞬で、近づいて来た自転車の男に【あぶねぇな、きぃつけろ】と言われましたね。 続きます。

続きを読む