この後の予定

この後の予定ですが、1ページ分だけ【ユメミテ ゆめみめ4】の作業をしてから番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)030

 【ヴィホヂット】は、 「な、ぬぁんですってぇ~なんでよ?なんで私まで失格なのよ。私の組はまだ戦ってないじゃないのよぉ~」  といちゃもんをつけたが、その審判も冷静に、 「大会参加中はそのキャラクターになりきる――それくらい最低限のルールです。あなたが予選で登録したキャラクター、【まっしろ姫】は清廉潔白で有名なキャラクターです。【まっしろ姫】が【ざまぁ無い】なんて下品な台詞言うとお思いです…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)029

 それを笑う者が一人。 「おーほほほ、ざまぁ無いわね、お二人さん」  声の主は、悪女【ヴィホヂット】だった。  彼女もまた3組のエントリーで大会に参加していた。  その笑う影に別の審判が肩をたたき、 「えー、3組15万6981番の【ヴィホヂット・ウボヒー】さんでしたね。あなたも失格です」  と言った。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)028

 言われて見ればその通りだった。  元のキャラクターのイメージを崩す様な戦い方をすれば、コスプレイヤーとしての意味が無いのだ。  【クインスティータ】は、 「そ、そんな……」  と肩を落とす。  【ヴェルト】も、 「ま、負けちまった。悔しい……」  と涙する。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)027

 審判は、冷静に、 「えっと――1組の17万4963番の【クインスティータ・クェンスティー】さんに、1組の18万飛んで356番の【ヴェルト・ハウプトシュタット】さんでしたね。まずは、【クインスティータ】さんから行きます。あなたがコスプレした【チャリーン】というキャラクターはパワーが弱い事で有名なキャラクターです。あなたが出したパワーは明らかにキャラクターの個性を逸脱したものです。同じく【ヴェル…

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第004話(プレイバック)】となります。 6回目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、【ユメミテ ゆめみめ4】の文字入力を100ページ目まで到達させます。 土日は休みなのでこの時の早朝作業と日中作業を使って、【ユメミテ ゆめみめ4】を完成状態にします。 来週の火曜日からは【ユメミテ ゆめみめ】の改変作業に入りたいと思っています。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、1ページだけ【ユメミテ ゆめみめ4】を作って残りは番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は秋葉原に外出して来ます。 なので朝、ブログを更新すると思います。 明後日と金曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 多分、明日はDVDとかを買って来ると思いますが、それはお正月休みに見ようと思いますので、今は見ないです。 見てい…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 時間が無いので書き間違えを消しゴムで消さずに書いたら、【クリス】が【クリア】になってしまい、更に【フルネーム】を書くときに、【クリアテ】と書いてしまい、【テ】の後何か無いかと考えたら【テスト】が出てきたので【クリアテスト】、【パフェ】と書こうとしたんですが、また書き間違えて【パルフェ】になってしまいましたね。 と言うくらい慌てて書きました。 でもまぁ、【クリアテスト…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 少女は、「名乗ってないね。でも、知ってるよ」と言います。 【アスマ】は「お前、何者だ?」と聞きました。 少女は「私?私は【クリア】、【クリアテスト・パルフェ】よ。よろしくね。【クリア】と呼んで」と言いました。 と言う所まで書きました。 一応、元になるイメージストーリーを書いた5ページの紙は持って来ていたんですけどね。 時間が無くて慌てて【クリス・パ…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 【アスマ】は「な、いきなり何を言い出すんだよ。き、キスなんて初対面でするもんじゃねぇだろ?」と動揺します。 少女は「うん。そうだね。でも【アスマ】と私はずっと前からつながっているよ」と言いました。 【アスマ】は、「な、何でお前、俺の名前を知ってんだよ?俺、お前に名乗ったか?」と聞きます。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 十時の休み時間はいつもの人と定位置の同僚にしばらくいつもの所で朝礼に出れない事を伝えに行ったのでメモはほとんど取れませんでしたが、それでも少しだけ書きました。 63番目の【読み切り小説】の【ギガント・ギア】のメモとして、主人公の【アスマ】が追っ手から逃れるために潜伏している場所に少女が訪ねて来て、それが【アスマ】を逃がしてくれた【声の主】だと直感します。 そして、そ…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 今日のバイトですが、やっぱり口うるさい奴がゴチャゴチャ言っていましたね。 まぁ、そいつはいつもの事ですが、そいつに対して怯えちゃってすっかり腰が引けている人が居るんですが、露骨にそいつの所に行くのを嫌がっていましたね。 言い訳したり、そいつの担当する物を確認して、一旦離れてから僕が仕方ないから取ろうとすると一緒に近づいてきて、取ろうと思ったけど間に合いませんでした見…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 いつもの人には、【ユメミテ ゆめみめ4】の途中まで話しているのですが、しばらく話せそうも無いですね。 その【ユメミテ ゆめみめ4】ですが、昨日の作業で、74ページ目まで書いています。 75ページ目まで行ったと思って勘違いしていましたが、今朝、見直したら74ページ目までだったので今日は後から1ページ分だけ書こうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今週は土日が休みなので週5日勤務ですね。 今日から、口うるさい奴が居る所にしばらく助っ人に入る事になりました。 担当して居た人の親戚に不幸、恐らく旦那さんの事だと思いますが、亡くなったとの事なので、葬儀などの準備のためしばらく休むとの事で僕がしばらく助っ人に入るように言われました。 と言う事は朝礼がいつもの所と別になってしまう…

続きを読む