ファーブラ・フィクタのその後006

続きです。

名も知らぬ存在達の体が破裂します。

ディアマンテは、【効果拳】の要素を攻撃を受けたと同時に取り込み、そのまま、相手に増幅させて返したのです。

名も知らぬ存在達は、それぞれうめき声を上げます。

ディアマンテは、【話し合うならこれで攻撃を止めても良いよ】と言いました。

敵に情けをかけたのです。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後006"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: