ファーブラ・フィクタのその後007

続きです。

出し抜こうとする【リトサ】に対して、【嘘】を看破(かんぱ)していくステラ。

ステラは、【アコンルーク】によって心理操作させられ、ディアマンテに激しく嫉妬した自分を恥じていました。

屈辱を一度味わったからこそ、二度と同じ轍は踏まない――。

【アコンルーク】に対する雪辱を晴らすかのように、ステラは、【リトサ】の【嘘】を次々と看破して行きました。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後007"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: