ファーブラ・フィクタのその後005

続きです。

つまり、許可は出したが参加するには途方も無い金額がかかる。

その不利な条件を突破して来いとの怪物ファーブラ・フィクタからの挑戦状だと言いたいのです。

吟侍は、【あの野郎……】と歯ぎしりしました。

確かに怪物ファーブラ・フィクタの性格ならば、吟侍にちょっかいをかけて来るというのも考えられます。

なんだかんだで吟侍のことを気にしていた様だったので。

吟侍達はセレークトゥース・ワールドで大き過ぎる力を得ました。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後005"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: