ファーブラ・フィクタのその後008

続きです。

【シスタール】のためならば、例え、死すらいとわないという様な表情をしています。

明らかに洗脳の気配が感じられました。

洗脳者――それが、今回の敵となるのかと思いました。

吟侍達の前に【シスタール】達が現れます。

【シスタール】達は、口々に、【信じる者は救われる】、【大いなる存在を崇めよ】、【我が言葉は、上なる存在の言葉なり】、【高位なる存在を敬え】、【救いを求めよ】、等々言ってきました。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後008"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: