ファーブラ・フィクタのその後009

続きです。

強者達は藁にもすがるつもりで、他へのアプローチを考えました。

その内の一つとして考えられたのが、クアンスティータの親である怪物ファーブラ・フィクタの生まれ変わりの一人である吟侍にすがるという事でした。

吟侍がクアンスティータと関わって生きて帰ってきているという噂は【アコンルーク】の裏のつながり、情報網を通してすでに情報として伝わっていました。

そのため、招待状の噂が広まった頃、ちょうど訪れていた【シスタール】のエリアでは吟侍に取り入ろうという動きがあったのです。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後009"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: