姫野華玖耶と七つの悪夢(プレイバック)011

 心の優しい子だったんだよ。
 すずねは、学校では男子にもゴキブリってからかわれていたけど、私といる事で、男子の方は少しずつ彼女に対して苛めなくなっていった。
 すずねと私はお互いが心の支えとなっていったんだ。
 私は男子の助けとかもあって、少しずつ居場所が出来て来たんだよ。
 特定の男子と付き合う事は出来なかったけどね。
 おそらく、特定の男子と付き合えば、その子以外の男子が敵に回る……
 そんな気がしていたんだろうね……

"姫野華玖耶と七つの悪夢(プレイバック)011"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: