ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)171

 所詮は、自分を引き立てるためだけのオマケに過ぎなかった。

 だが、それをやっていく内に、それはしだいに太輔の耳に入る。

「何?……俺の告白を待っている女の子がいると?だ、誰だ?それは……」
 とうとう、太輔の知るところになり、彼は玲奈の元に走っていく。

 恐れていた最悪の事態が近づいていく……
 それを知った、白衣は急いで太輔の元に向かう。

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)171"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: