僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)026

「申し訳ございません。華真生様より、有無を言わせるなとのご命令なので」
「いやだぁ~放してくれぇ~」
「申し訳ございません」
「うっ……」
 クロロホルムを嗅がされ眠らされる佐和義。
 もはや拉致と言ってよかった。
 佐和義は大富豪家のお屋敷の一つに軟禁され、花梨達三人は予選会場に向かった。
 もはや、佐和義や、花梨の意思など全く無視されていた。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)026"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: