隣の席のでみちゃん(プレイバック)043

 第八戦は――

 美術コンテストだった。
 ヌードを描いて綺麗な方が勝利となる。
 俺は、服から元に戻された。
 どうでも良いけど、俺の扱い、かなり雑じゃねぇか?

「さあ、脱ぐのだ、契約者しょーすけよ」
 でみちゃんが脱衣を催促してきた。
「脱ぐって俺が?そこは普通、女の子がやった方が良いんじゃねぇの?」
「私は描かねばならん。だから脱ぐのだ」
「男が脱いでもえづらが汚ねぇだけだって」
「わかった。では……」
 俺は女の子に変えられた。
「うぅ……」
 俺は女の子として辱めを受けた気分になった。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)043"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: