夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)045

「そうなの?私には解らないけど……」
「温子は鈍いからな」
「に、鈍い……」
「揺花が居ても同じ事言ったはずだぜ。あいつには手加減ICはいらねぇってな」
「解った。獣馬君がそういうなら、彼は手続き上の不備があったとして最後に戦ってもらうわ。他の挑戦者が貴方達の戦いを見て、戦意を喪失しないようにね」
「それで良いよ。【ホワイ】を持ってきてくれ」
「解った。彼との戦いの前までに持ってくるわ」
「頼む」
 ――【ホワイ】――
 獣馬君が作った、最初の完全オリジナルICだ。
 つまり、獣馬君が本気になって相手をしないと勝てない相手が来たという事だ。
 これは勝ち負けに関わらず、後でスカウトをしなくては――
 私はそう思った。
 その後、他の挑戦者達と獣馬君のバトルが順番に開始されたが、私にとってはこれは消化試合。

続く。

"夢命戦(ゆめいくさ)イマジネーション・キャンドル(プレイバック)045"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: