ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 080

「信用しろって言うのはちょっと無理なシチュエーションじゃない?」
「まぁまぁ、旅は道連れ世は情けっていうじゃん、仲良くしよ、仲良く」
「こら、バカリーダー、何で買収された?」
「買収されただなんて人聞きの悪い…ただ、この人が僕の事を…」
「はい、気になる男性ですよ」
「嘘臭っ」
 仲間とはぐれた導造と朱理はヘスティアと名乗る謎の女性と出会っていた。
 前途多難な冒険…そんな予感を感じさせる出来事だった。

続く。

"ファーブラ・フィクタ グランド・スタート1 080"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: