ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)009

 だが、神や悪魔と敵対する不安は不思議とない。
 ルーメンとテネブライには神御とその配下の天上使(てんじょうし)、悪空魔とその配下の使愚魔(しぐま)の他にも神や悪魔の眷属達が刺客としてやってくるという事が解っても全然不安に思わない。
 むしろ、そんなに自分の事が怖いのか?矮小な奴らめとさえ、蔑んででしまいそうな自分がいる。
 自分には何かがある。
 それも神や悪魔を圧倒する何かが。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)009"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: