ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)021

 しばらく待っているとやがて天上使が現れた。
 8級天上使セセントだ。
「魔より邪悪な存在め。滅せよ」
「今度の相手はあなた?」
「我が名はセセント。貴様を消滅させる」
「悪いけど、消えるのはあなたの方。私はこんな所でやられる訳にはいかないの」
「黙れ、消えて無くなれ、ホーリーソード」
 光の剣で斬りかかる。
 キャリアは間一髪の所で交わす。
 髪の毛が数本持って行かれた。
「女の髪を切るなんて……高くつくわよ」
 どうやら、セセントは聖剣士のようだ。

"ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第001話(プレイバック)021"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: